パソコン苦手な人をイメージ

資金管理の教科書

パソコン初心者向けに15枚の画像で解説|スプレッドシートの使い方

2020年1月7日

こんにちは、わら太(@warata_life)です。

転売やせどりでうまく在庫や売上を管理したいなと思いつつも、パソコンが苦手だったり、エクセルの値段が高くて困ってたりしませんか?

実は、この記事で紹介する「初心者向けのスプレッドシートの使い方」を実践すると、どなたでも簡単に綺麗な管理表を作成することができます。

というのも、管理表の作成を例にしながら、たくさんの画像を使って操作方法を詳しく解説していますので、かんたんにマネできるからです。

この記事では、無料で使えるスプレッドシートの使い方を画像を使って説明して、テンプレートも紹介しています。

記事を読み終えると、スプレッドシートの基本的な使い方がわかり、管理表をパパッと作れるようになりますよ。

パソコン初心者向け|スプレッドシートとは

スプレッドシート(正確には、グーグルスプレッドシート)は、ネット上で利用できるエクセルのようなものです。

スプレッドシートのメリットは下記の内容などがあり、パソコン初心者の方にもおすすめです。

<パソコン初心者が知っておくべきスプレッドシートのメリット>
無料で利用可能
エクセルと同等の機能
自動でデータがバックアップされる
ネット上で他の人と簡単に共有できる

エクセルだとインストールに公式の数千円するソフトが必要だし、他の人との共有もめんどくさいんですよね。

パソコン初心者の方は、スプレッドシートやエクセルと聞くと「むずかしそう」と思われがちですが、超基本的な使い方さえ知っていれば大変かんたんに使えて、とても便利ですからね。

では。順番に見ていきましょう。

スプレッドシートの使い方を画像で徹底解説

スプレッドシートの使い方を画像を使って、転売でもせどりでも大切な在庫売上管理表をテーマにして解説していきますね。

というのも、スプレッドシートは「なにかを管理するため」に使うもので、テーマを決めて説明した方が理解が深まりますからね。

実のところ、転売やせどりで稼げない初心者の方の多くは、管理台帳をつくれていないことが多いです。

というのも、手法によって入力した方が良い内容などが、微妙に変わってくるので「全部の物販で使える便利シート」ってのはないんですね。

そのため、かんたんな使い方を押さえて、あなたのオリジナルのスプレッドシートにアレンジできるようになれば最高です。

スプレッドシートの構成(ファイル、シート)

スプレッドシート初心者の方は、スプレッドシートの大まかな構成をはじめに知っておきましょう。

下記の画像のように、ファイル一覧、個別ファイル、シートの順番で見ていくことになります。

スプレッドシートの階層構造

warashibe-life.com

まずはファイル一覧の画面から、+をクリックして新規のスプレッドシートファイルを開いてみましょう。

新規ファイルの作り方

https://warashibe-life.com

スプレッドシートの新規ファイルは開けましたか?次に画像の赤枠内にファイル名を入力しましょう。

ファイル名の付け方

https://warashibe-life.com

続いて、シート名をクリックして、「テンプレート」としておきましょう。

シートの名前の付け方

https://warashibe-life.com

ここまででスプレッドシートの下準備はおしまいです。

スプレッドシート初心者でもできる在庫売上管理表の作り方

在庫売上管理表を実際に作っていきましょう。
目標のシートは下記画像となります。

在庫売上管理表のサンプル

https://warashibe-life.com

まずは、1行目に下記の項目を入力してみましょう。
<入力内容>
仕入関連:商品名、品番・型番、管理番号、仕入代金、仕入日
売上関連:売上日、取引済、販売価格、手数料、送料、入金額、利益、利益率
その他:仕入先、クレジットカード、取引ID、備考

続いて、各仕入項目のところを選択して、カラーを変更してみましょう。
<カラー変更の手順1:複数のセルを選択>
・マウスを左クリックしたままズラす
・端のセルを選択して、「Shift」を押しながら「←↑→↓」を押していく
セルの選択

<カラー変更の手順2:好きな色の選択>
下記の画像の通り、塗りつぶしたい色を選んでみましょう。

セルのカラー変更

スプレッドシートのセルの色を変える方法

続いて、2行目にスプレッドシートに数式を入力してみましょう。
3行目以降は2列目をコピーアンドペーストすればOKなので、2行目を丁寧に作成することが大切です。

今回は利益と利益率が自動的に算出される数式をモデルに入れていますので、打ち込んでみてください。
<スプレッドシートに入力する数式>
入金額:=IF(F2="","",H2-I2-J2)
利益:=IF(F2="","",K2-D2)
利益率:=IF(F2="","",L2/H2)
※「"」が「'」に変換されることもあるので、「"」はキーボードの「Shit」と「2」を同時押しで入力してください。
売上日による自動表記

<ちょっと難しい!数式の意味>
=IF(F2="","",H2-I2-J2)の意味:
もしF2セルが空欄ならば、空欄。F2セルが空欄でなければ、H2-I2-J2の値を表示する。
興味がある方はIF関数を検索してみてください。
if関数の有無による違い
ここまで入力してもらえたら、スプレッドシートの売上管理表の下準備は完了です。

スプレッドシートの在庫売上管理表にプラスアルファしよう

続いてスプレッドシートの使い勝手を、プラスアルファしていきますね。

まずは、見本のところと今のシートを見比べてみると、取引済の欄が大きく違いますね。
見本との違い

はじめに、〇と×がプルダウンされるように編集してみましょう。
スプレッドシートのデータからデータの入力規則を選択してください。

プルダウンの作成方法

プルダウンを作成するためには、データからデータの入力規則を選択

次に、下記の画像に沿って入力してみましょう。〇と×がプルダウンで選択できるようになります。
プルダウンの作成方法

続いて、○か×で自動的にカラーが変わるようにしていきましょう。
ここでは、スプレッドシートの条件付き書式という機能を使って、調整していきます。

まずは、スプレッドシートの表示形式から条件付き書式を選択してください。
条件付き書式の設定方法

設定画面がでてきますので、下記の画像に沿って入力を進めてみましょう。

条件付き書式の設定手順

条件付き書式の設定手順を図示しながら説明

〇ならブルー、×ならピンクとなるように設定してみましょう。
設定を完了させると、〇を選択するとブルーに、×を選択するとピンクに変わりますね。

これでスプレッドシートの2行目ができましたね!あとは仕入れた商品分だけ頑張って作成しましょう。
といいますと、量が多すぎるので、ドラッグコピペを使いましょう。

下記の画像のようにセルの右下隅にカーソルを合わせると+がでてきますね。
+をクリックしたまま、下の方へとズルズルおろしてください。

ドラッグによるコピペ

ドラッグによるコピペの方法

これだけでコピペがかんたんに出来ちゃいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
副業解禁といわれるけれども、パソコンやスプレッドシートの使い方がいまいちわからないという方は是非この記事を読み返しつつ、実際に作成してみましょう。

スプレッドシートの基本的な使い方ができるようになると、見やすい商品リストの作成などでもどんどん応用していくことができますよ。

転売上手な人はスプレッドシートを活用して、効率化をはかっていってます。
少しずつで構いませんので、操作してみることが大切です。

また、在庫売上管理表ってどれだけ転売やせどりで大切な存在であるかについては、下記記事でご紹介していますのでよろしければ併せてご覧くださいませ。

【転売やせどりで大赤字】在庫と売上の管理について、5分で解説!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-資金管理の教科書

Copyright© わら太ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.